老舗を守る

和食部門オヤジ修学旅行老舗旅館へ、^_^さすが歴史が物語ってます。節分の設えが玄関に素晴らしいです。お出迎えの一服がいいネ
、一風呂浴びていよいよ夕食です。お部屋に案内してもらい、演出に感動しました。お部屋はロウソクの灯りだけ雪景色の中庭がライトアップされ、これは一本取られました。がしかし料理がなってません 左義長も過ぎてしまっているのにまだ正月料理らしく器も大型旅館に使う物ばかり 部屋、風呂、などは小綺麗にとても街中を感じさせないですがとても残念、翌朝食もやっぱりダメでした。海物は少しに山里料理を極めてた方がいいと思います。朝食にタジン鍋に
蟹爪、鰤の蒸し物チグハグのように感じます。湯葉刺、湯豆、山菜の漬物、熱々のご飯にふきのとう味噌など最高なんだけど 
フグ料理が沢山でます?たぶんこの地で養殖をしているのでしょうフグ刺の引き方は下手です。勉強が足りません
同業者だから老舗旅館だからあえて辛口に
書きました。私達もそう言われないように
皆んなで再確認して 
修学旅行おしまいです。
渡部さんの秘密部が見えるような感じ 私の見た感じは粗品程度でした。^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐藤 幸博

Author:佐藤 幸博
柿里社長のブログへようこそ!

リンク

柿里ホームページ

ステーキ・しゃぶしゃぶ・懐石料理

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR